医学物理士試験 一発合格体験記

このブログは、医学物理士試験に合格するためのブログです。医療系大学院生が医学物理士認定試験について語っていきます。

遂に判明?医学物理士試験の合格基準!①

f:id:kappa_mediphys:20180110215623j:plain

 

どうも。かっぱです。

 

いきなりですが、先日ありがたいことに初コメントを頂きました。

 

その方は2016年の医学物理士試験に1発合格した方でして、少しメールのやり取りをさせて頂きました。

その中で合格はしたが自分が実際、何点取ったかはわからないとのことでしたので、答案を送らせて頂き、自己採点をして頂きました。 

 

一応、許可は頂きましたので、その点数をここで公開させて頂き、医学物理士試験の合格基準の考察をしていきます!

  

目次

 

 

2016年医学物理士試験の採点結果

 

採点結果がこちらです!

物理工学系:51/90 (56.7%)

医学生物系:50/60 (83.3%)

2つの合計:101/150 (67.3%)

 

この結果を見たとき

え、合格する人ってこんなに点数取っているの?(笑)

と思いました。

特に医学生物学系の点数高すぎでしょ。 

 

恥ずかしながら、私が解いた2016年の過去問の結果は

  • 物理工学系:43/90 (47.8%)
  • 医学生物系:38/60 (63.3%)

でした。

 

過去問解いたときに2016年は個人的に難しいと感じていたので、それでもこの点数を取るのはすごいと素直に思いました。

 

私の感想をずらずらと書いてしまいましたが、話に戻ります。

 

 

この点数を見て、注目してほしいのが

物理工学系の点数が6割に届いていない

ことと

合計点数が6.5割を超えている

ところです。

 

 

私の合格基準の記事で

www.kappa-medicalphysics.com

過去問を解く基準として

  • 0点の教科は絶対に作らない
  • 医学生物学系と物理工学系、両方とも6割は切らない
  • 2つを合計をしたときに6.5割を超えるようにする

の3つを心掛けて解いていました。(2016年は全然届いていないですけど)

 

しかし、先ほどの結果からこうなるわけですね。

  • 0点の教科は絶対に作らない
  • 医学生物学系と物理工学系、両方とも6割は切らない
  • 2つを合計をしたときに6.5割を超えるようにする

医療生物系と物理工学系でそれぞれ6割を超える必要はなさそうです。

しかし、合計点数が6.5割に届いていないと合格の目安となる上位100人には入れそうにないですね。

 

 

記述試験

記述試験については採点できないので、正確なことは言えませんが、その方は3問ともほぼ完璧に答えられて配点によるけど、確実に8割は超えている自信はあるようです。

なので、記述試験の方も最低でも7割くらいは取れないと厳しそうですかね。

 

 

まとめ

全体をまとめますと、医学物理士試験の合格基準(予想)はこうなります。

 

マーク試験は

  • 0点の教科は絶対に作らない
  • 2つを合計をしたときに6.5割を超える

     

記述試験は

  • 7割??くらいは取る

 

 

 

今回は合格基準予想の第1弾として①としました。

先日の記事でもお伝えしましたが、私も自己採点できるようになったらすぐに記事にしたいと思っています。

また、もし自分の採点結果を教えてもいいよーという方がいましたら、コメントしてください。

合格基準がわからない試験なので、これから受験する方たちのためにも情報をみんなでシェアしていきたいと考えております。

 

 

それでは。