大学院で1番必要なのはやる気!頭の良し悪しじゃない!!!

f:id:kappa_mediphys:20180212135646j:plain

 

どうも。かっぱです。

 

今回は、タイトル通り大学院で1番必要なのは「やる気」だよ!っていうことをお伝えする記事です!

 

学部生で大学院は頭の良い人が行く場所とかこんな自分が大学院に進学していいのかなとなど大学院進学へ一歩踏み出せない人への記事です。

 

ちなみに僕の大学院へ進学を決めた理由は 大学院進学を決めた本当の理由は「過敏性腸症候群」を患ったからをご覧ください!

 

前回に引き続き、最近なんでこんな記事を書こうと思ったかというと、

フォロワーさんから

放射線治療に興味を持ってより深く学びたいから、大学院進学にしょうか考えているのだけど、頭があまり良くないから迷っている」

と相談を受けたからなんです。

 

僕はこの相談に対して

「頭の良し悪しじゃなくて、やる気があるかないかだよ!」

と答えたんですけど、割と大学院に進学する人はみんな頭が良い人だと思っている人が割と多い気がしますね。

 

前回の記事を見て頂けたらお分かりのように、僕は高校は勉強してなかったので、正直全然頭良くなかったです。

しかし、大学入ってからはスイッチが入って、やる気だけは学年で1番だと言っても過言じゃなかったです。こんだけやる気に満ち溢れて真面目に勉強したからこそ、それなりに結果を残してきたつもりです。 

 

少し脱線しましたけど、この記事を書くにあたって、とりあえず、こんな背景がありましたって話です。

 

では、始めていきますね!

 

目次

 

  

 

やる気があればそれで良し

大学院に行きたい理由って勉強がしたい・研究がしたい!からですよね?

もしくはもっとその分野を知りたい!からですよね?

 

じゃあその気持ち・やる気を大学院で思う存分発散してください!って話です。

 

結局、大学院に行くべき人は

やる気がある人 > 頭良いけどやる気ない人

だと思っています。

 

初めにも書きましたけど、頭が悪いから大学院に進学しちゃダメなんてないんですよ!

むしろ、頭がすごい良いのにやる気ないから研究を適当に終わらす人の方がちょっと…。って思います。

 

やる気というものはとてもポジティブなパワーなので、頭の良さは関係なくやる気がある人こそが大学院に行くべきだと僕は思いますね!

 

頭が悪いと思うなら人の3倍以上やる 

頭悪いから大学院進学を迷っているそこの君! 

 

大丈夫です!

自分が頭が悪いと思うなら、頭は良いけどやる気がない人の3倍くらいやればいいんです! 

逆に言うと、他の人と同じ量をやるだけでは適わないです。

 

僕も医学物理士試験には幸い受かりましたけど、地頭的には正直アホの部類ですよ。

じゃなきゃ、前に紹介した 医学物理士試験に合格するためにこれくらい勉強しました!にも書きましたが、最後の1か月、1日12時間近くもやらないですよ!(笑)

僕の場合、頭悪いに加えて効率がクソ悪いんで、他の人の何倍もやらないと出来るようになりません。

それをわかっているから、人よりたくさんやっただけです。

  

というか、自分が頭悪いって気付いているだけ良いことです!

気付いているのなら、あとはたくさんやるだけなんですから。

たくさんやれば必ず成長できます。

 

迷っている暇があるなら、今すぐ行動してください!

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、大学院生活で必須である「やる気」を熱弁してみました!

 

大学院に進学していない人からすると、みんなやる気あるから進学するんでしょ?と思うかもしれませんが、そうでもないんですよね。

僕の周りでは、なんで大学院に進学したの?って人が残念ながら割といました。 

 

 

大学院に進学するか迷っているのなら、とりあえず進学する前提で今からたくさん勉強する。

そして大学院入ってからはやる気を最大限に発揮して一生懸命頑張ってください!

 

というか、僕も含めてバカはバカなりにやるしかないんです!

自分ができることをコツコツとしっかりやればそれでいいんです。

 

大学院に進学するを迷うくらいなら、進学した方が良いと思いますよ!

人生1度きりですからね。

 

ご精読ありがとうございました!